男女

会社を売却するなら株式譲渡が安心|会社売却方法

  1. ホーム
  2. 飲食店を経営するための準備

飲食店を経営するための準備

相談

いつか独立して開業したいという考えを持った人に最も人気なのが、飲食店です。飲食店は特別な資格を必要とせずに比較的簡単に開業することができるので、飲食店の経営を夢見る人は少なくありません。しかし、周囲を見渡してもらえばわかるように、飲食店が次々に開業する一方で、廃業する店もたくさんあります。飲食店を経営して失敗しないためにはどのような準備をしておけば良いのでしょうか。
まずは、開業資金がいくら必要なのか算出しましょう。資金は多ければ多いほど良いのですが、目安としては年商の50%は用意しておきましょう。家賃や内外装工事、設備や備品にそのお金を費やすことになりますが、忘れてはいけないのが運転資金です。開業に踏み切ったとしても、当面は安定した売り上げは期待できません。売上が少なくとも、3か月は食べていけるくらいの資金は用意しておきましょう。
飲食店を経営するには、周囲の競合店のリサーチが重要となります。繁盛しているお店を訪れてみて、店内の雰囲気や接客態度、メニューの種類や金額、料理の味など、優れている点を学びましょう。目指すべきお店のイメージができたところで、今度は自分がどんな飲食店を経営するのか計画を立てましょう。出店する場所や業態、メニューや価格など、細かく設定して下さい。計画が完成したら、店舗物件を調査して、料理メニューの開発に集中しましょう。店舗の場所は、集客をする上で重要なポイントとなります。家賃が安いからといって不便な場所を選べば人は来ないし、集客したいからといって家賃の高い店舗を選ぶと支払いきれなくなるので、よく考えて選びましょう。具体的な計画が整ったら、料理の開発に集中して下さい。