男女

会社を売却するなら株式譲渡が安心|会社売却方法

  1. ホーム
  2. 香港でのビザ取得方法

香港でのビザ取得方法

社内

企業からの指示で香港で働く場合には、企業側がビザを用意してくれるので心配することは何もありません。しかし、個人的な目的で香港に住みたいという人は、ビザを取得する必要があります。一億円以上の資金がある場合には、投資移民制度を利用した投資ビザが取得できますが、他にはどこかに就職して就労ビザを得るか、自分で会社を設立して株主投資ビザ得るという方法があります。就職は難しいけどとりあえず香港に住みたいという人は、株主ビザを取るといいでしょう。株主ビザというとは多少手続きが面倒ではありますが、得られるメリットはたくさんあります。
就労ビザの場合は転職の際の手続きが面倒であったり、副業ができないなどのデメリットがありますが、株主ビザの場合は就職も転職も自由に行えます。福利厚生を受けることは出来ませんが、福利厚生を提供しなくていいので、かえって就職が有利になる場合もあります。会社の設立といっても、香港では名前だけ登録すれば事務所は持たなくても会社が設立できるので、手続きだけ行えばいいのです。設立に関してはそれほど面倒ではありませんが、あくまで会社なので、決算や申告が必要となるので忘れずに行いましょう。
会社の設立には最低でも10万円から20万円程度の資金が必要となります、香港に移住してもすぐに収入を得ることは難しいので、当面の生活資金は用意しておきましょう。会社経営の資金が十分であることを示すために、個人資産の開示を求められるので、一年程度の経営資金を用意しておきましょう。