男女

会社を売却するなら株式譲渡が安心|会社売却方法

  1. ホーム
  2. 業務用食器の選び方

業務用食器の選び方

ビル

業務用食器には、料理を入れる器という以外にも様々な役割があります。料理は口だけでなく、目でも味わうものです。料理よりも食器にこだわった方が集客率が上がるといわれるほどに、顧客へ与える影響が大きいアイテムなので、おしゃれで料理の映える業務用食器を用意しましょう。
食器には用途にとって様々なタイプがありますが、洋食の場合は白い食器がおすすめです。白は料理を美しく見せてくれます。また、磁器であれば光沢があるので品が良いという印象を与えることができます。フレンチによくみられる白いワイドリムのプレートは、それだけでおしゃれな雰囲気を演出してくれますし、スクエアなどのデザイン性の高いプレートは、スタイリッシュで洗練された印象をもたらします。料理が最も見映えするお皿を選びましょう。
色のついた食器は、白い食器の中に差し色として使うとインパクトが出ます。色のついた食器を使う場合は、食材と反対の色を使うと料理が美しく見えます。料理がシンプルで色味が足りない場合などには、色のついた食器を使用しましょう。色にはそれぞれ特徴があります。例えば、赤や黄色などの暖色系は食欲を増進させる働きがあり、緑は鮮度の良さを強調します。茶色は温和なイメージを与え、黒は高級感をもたらします。業務用食器は料理だけでなく、店内の雰囲気にも合わせて選びましょう。
業務用食器の場合は、値段と品質のバランスを考えて購入する必要があります。高すぎても仕事をする上で使いにくいし、品質が悪ければ料理だけでなく店そのもののイメージが悪くなります。シンプルでどんな料理にも合わせやすい良質な食器を選びましょう。